• 鉄造くん トップ
  • 鉄造くん ご紹介
  • 鉄造くん 支持率No.1のワケ
  • 鉄造くん シリーズ体系
  • 鉄造くん 商品ラインアップ
  • 鉄造くん 作品集
  • 鉄造くん 施工例
  • 鉄造くん お問い合わせ
鉄造くん 支持率No.1のワケ

フレームには、高層ビルや道路の橋桁に使用されている鋼材と同等の高張力材を使用。確かな技術に基づいた高強度構造をコンピュータを用いて算出しています。だからこそ、無柱スパン最大60m、中間柱を配した建物幅では最大120mという大スパンの建物を可能にしました。

物件ごとに応力に応じた最適断面を設定。屋根と母屋のフレームが一体化した合理的な構造設計が、低コストを支えます。
また、現場でのボルト接合をすべて標準化。現場での溶接は一切不要。さらに、部材点数を最小限に抑え、役物類も標準化しているので、工事のスピードアップと同時に確かな施工精度が得られます。

鉄造くんは、CADによる正確で素早い設計を行い、最先端コンピュータ技術と自動生産ラインで製造されます。また、現場施工もマニュアル化で工期を短縮し、結果としてコストの引き下げにもつながっています。

工場や倉庫、スポーツ施設やレジャー施設、店舗にいたるまで、大スパンの低層建築に対応します。ご要望に応じて、建物の形状と寸法をコンピュータに入力、CADでドローイング、CAMを介して生産ラインへの指示が出ます。鉄造くんは、フレキシブルに応えるオーダーメイド感覚のシステム建築といえます。標準仕様は金属外壁材ですが、ALC等の外壁材も適用できます。

屋根パネル(SSルーフ)+Yマット100mm(表皮材つきグラスウールマット)は、折板+結露防止用裏貼り材の費用とほぼ同等の低コストで、ALC100mmの約3倍にもあたる高い断熱性能を有します。

冷暖房コストの大幅な削減が可能
冷暖房のきいた快適でクリーンな業務環境は、工場や流通施設でも求められています。低コストで高性能を発揮する鉄造くん断熱工法なら、従来工法に比べ、設備費と電力費(10年分)で約50%以上のコスト削減が可能になります。以下に部材の組み合わせによるコスト比較を紹介します。



鉄造くん 完成までの流れ
  • 計画建物の用途・規模・工期・場所・スケジュールなどをお聞き取りし、ベストなプランをご提案させて頂きます。
  • 親身な姿勢・豊富な実績・技術ノウハウを駆使し、お見積りと工程表をご提示させて頂きます。
  • 弊社、設計アドバイザー・工事アドバイザーが丁寧に、ご説明・アドバイスをさせて頂きます。
  • 決定した建物の部材(鉄骨材・屋根材・外壁材・建具材)は、全て標準化されていますので、スピーディーで経済性を考慮した設計をさせて頂きます。
  • 各諸官庁関係の手続き・作成・提出もサポートさせて頂きます。
  • 鉄骨は、システム建築専用工場の自動生産ラインにて一気通貫で製作します。
  • 必要な情報が設計から直接かつスムーズに、製作・出荷ラインに流れる仕組みになっていますので、安心で安定した品質と短工期を実現します。
  • 完成した「空間をありのままに、贅沢に だいかね 鉄造くん」は、(株)大兼工務店と(株)横河システム建築が責任を持って保証します。